オーストラリアの山奥でヒッピーになりそこねた話するよ #最終話

 

極寒の山奥でノースリーブにビーチサンダル。

携帯は圏外。

食料も水も持ってない。

ただただ星がきれいな夜空。

 

 

今夜は野宿か、暖かいベッドか。

寝床を賭けたヒッチハイク

車通りが少なくなって諦めかけたその時に、

横を通り過ぎた車が、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


止まった.....?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーストラリアの山奥でヒッピーになりそこねた話するよ    -最終話-

はじまりはじまりーヽ(´▽`)ノ

最初から読む人はこっちね→オーストラリアの山奥でヒッピーになった話するよ#001 - のらねこのげこくじょう

 

 

 

 

 

 

助手席のドアが開いて女の子が降りてきた。

 

 

「乗せてったげるー!!日本人でしょー?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

に、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


日本語がきこえてきたーー?!

 

 

 

 

車に走っていくと後部座席に女の子2人、運転席に男の子。

助手席の子を含めて4人の日本人で、中古の車を買って旅してるんだって。

 

 

 

 

 

 

オーストラリアのワーホリの期間は最長1年なんだけど、決まった労働(だいたい農業、畜産、工場とか)を90日間以上すると、2年目のワーホリビザを申請できるっていうシステムがあるの。
そのビザの為だったり、旅の資金稼ぎが目的だったりで、わたしもみんなもニンビンを出たら次の目的は仕事探し。

さすが同じワーホリ仲間同士、考える事は一緒だねって話が盛り上がって。

 

 

 


「じゃあいつまでニンビンにいるの?」

 

 

「わたしは明日出るよ。どこに行くかはまだ決めてないんだけど、とりあえず南下するつもり。」

 

「そうなんだ!俺らも明日出るんだけど、

よかったら明日から一緒に乗ってく??」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ( ゚д゚) ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
(つд⊂)ゴシゴシ
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え。夢?

わたし今起きてる?

ていうか生きてる?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「よかったら明日から一緒に乗ってく??」

 

 

 

 

 (;゚д゚) ・・・
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


(つд⊂)ゴシゴシゴシ
  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(;゚д゚)!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生きてたわ。

現実やわ。
  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「実は1人だけ観光ビザで来てて日本に帰らなきゃいけないから、あと数日後にゴールドコーストまで行ったらお別れなんだよー。
ちょうど欠員募集しようと思ってたところだし、今夜家まで送って、明日の朝また迎えにいくよヽ(´▽`)ノ」

 

 


って。

 

 

 

 

 

 

 



 

 



 

 

こんなことってあるんだね。
出来すぎた物語の主人公になった気分。

 

 

 

 

 

ニンビンの山奥でヒッピーになろうとした結果、ヒッピーにはなれませんでした。ヒルに泣き叫んだり、ドラッグパーティに出かける息子くんに衝撃を受けたり、わたしはわたしのままでした。怖いものはやっぱり怖いし、驚きの連続に言葉を失ってばかりでした。

ヒッピーになれなかったへたれバックパッカーは、へたれのまま旅の仲間を手に入れました。

 

 


楽しいことは、幸せは、どうやら自分の想像をはるかに超えたところにあるみたい。

 

 

 f:id:noraranorara:20161030085019j:image

全然関係ないけどこういうの見るとすっごい応援したくなるよね。がんばれー!草ーヽ(´▽`)ノ!

 

 

 

ヒッピーなり損ねシリーズはこれで完結。
読んでくれてありがとうヽ(´▽`)ノ
そのうち新しいタイトルで続編書くよー♡